✋レイキヒーリングについて

 「レイキ」という言葉は、鎌倉時代の文献に残っていて、とても古い時代からあり、目には見えない神聖な力の働きのことを、昔の人は「靈氣(レイキ)」と呼んでいました。

 

西洋医学が伝わるずっと以前からあったとされる、病気などを癒す日本発祥の自然療法です。

 

1920年代に、臼井甕男先生によって、再発見され広められてきましたが、日本に西洋医学が広がり、GHQによる代替医療禁止政策が行われたことで、日本古来の自然療法である「レイキ」は、認めないという社会の流れで、世の中から消されてしまい、日本での認知度は低いものとなっています。

 

しかし逆に、海外(アメリカ、イギリス、オランダ、ドイツ、オーストラリア、カナダ)では、その効果が認められており、なぜか日本ではタブーとされてきた「レイキ療法」が医療行為として認められており、国家資格となっていたり、医療保険が適用される治療として広く認知されています。

 

「レイキ」という目には見えない力(エネルギー)は、アメリカのハーバード大学で研究が進んでおり、実際に科学的根拠に基づく研究論文も数千と発表され、人体だけではなく、動物でもその効果が証明されているほどです。日本でも「レイキ療法」を取り入れている病院があるようですが、まだまだ社会的に受け入れられていないのが現状のようです。

 

このように日本では、まだ認知度の低い「レイキ療法」ですが、これから時代の変化により、少しずつ皆さんの目に触れる機会も増えてくると思います。現在、この「レイキ療法」は、民間療法として存在しており、病や痛みを癒したり、精神面を癒すテクニックとして、「レイキ」を扱えるヒーラー(療法士)が多く活躍しております。

 

今まで「レイキ」を知らなかった方にも、これを機に「レイキ」という、自然界に無限に存在する癒しのエネルギー(自然のパワー)が、身体に流れることで起こる癒しを知り、実際に体験してみていただければと思います。

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

        IMG_0038.JPG   

レイキティーチャー( 佐藤 誠一 )

 

 

・ 西洋式レイキ・サード・ディグリー取得(2021年7月)

・ 西洋式レイキ・ティーチャー育成コース修了(2022年4月) 

・楽健法セラピー初伝認定セラピスト 

 

 

みなさんへ

 

今、さまざまな制限や常識などに縛られ、ストレスにより、様々な病気になっている方が大勢いらっしゃいます。薬は、病を治すものではなく、痛みや症状を抑えるための一時的な対処療法に過ぎません。薬は自然のものではなく化学的に作られたものです。本来、悪いところ、身体を治すのは自分自身の自然治癒力です。治癒力を高めることで病気は自分の力で自然に治っていくものです。

「レイキヒーリング」は、本来私たちに備わっている治癒力を高めるようサポートしたり、エネルギーバランスを整え、その方の持っている能力を引き出すための癒しのテクニックです。

「レイキ」は、この自然界に元々あるものですから、副作用もなく最も安全で安心な天然の癒しの力なのです。

もともと私たち全員が持っている力ですから、どなたでも「レイキ」のエネルギーは感じていただけると思います。  ( 佐藤 )

 

ーーーーーーーーーー

 

レイキは医療行為ではございません

 医学的な援助が必要な方は、医師のもとでの診断と治療を受ける事をおすすめいたします

 

ーーーーーーーーー

 

( 好転反応(浄化反応)について )

 

レイキヒーリング中、またはヒーリングを受けた後、一時的にさまざまな反応が身体に起こる場合があります。(個人差有) 今まで心と身体の中に溜め込んでいたネガティブなエネルギーが解放されていく過程で起きる反応です。身体が元の自然な状態に戻ろうと、不要なものが外に出る時の働き(浄化作用)です。その浄化作用により、一時的に心や身体に不調を感じたり、汗や尿、涙として外に排泄されることもあります。人によってさまざまな反応が出る方がいらっしゃいますが、全ては良くなるための反応ですので、どうぞご安心ください。反応が出たあと身体が軽くなったり、気持ちがスッキリしたという声も頂いております。レイキは、自然界にある最も安全で安心な癒しの力(エネルギー)です。

気になる事がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

ーーーーーーーーー

 

< レイキを受ける・学ぶ >

 https://purity-yoga.space/menu/933575